大阪市阿倍野区の整体 TEASHIS西田辺 HOME > スタッフブログ > O脚や膝の変形性関節症について

スタッフブログ

< 住之江区にお住いのMさん (60代/女性) お悩みの症状:肩と首の痛み  |  一覧へ戻る  |  症例:右半身麻痺・歩行困難 >

O脚や膝の変形性関節症について

膝の痛みで来院される患者さんに多いのが、変形性股関節症(OA)です。
骨自体の変形ですので、病院で手術を受けられる方も多いです。
若い人でもO脚で悩んでいる方は多いですね。


O脚 (1).JPG

骨自体が変形してしまっている場合は、歪みをなおしたところで無駄なのでしょうか?
答えはNoです(^^)
骨が変形しているといっても、それだけが全てではなく、同時に股関節・膝・足首の各関節が捻じれて歪んでもいるのです。
この歪んでいる関節を元に戻してあげるだけでもかなり脚の形はキレイになります。


O脚 (2).JPG

膝が変形してしまっているからといって諦めることはありません。
膝の骨は変形していても、各関節がある程度真っ直ぐになっていれば痛みはかなりマシになってくれます。


そもそも、関節が歪むことと膝の変形は無関係ではありません。
関節が歪んで捻じれたままで放っておくと、痛みが出たり炎症を起こして腫れたり、水がたまったりします。
最初のうちはすぐに治りますが、何度も繰り返すうちに重症化して骨自体が変形してしまうのです。

今は痛みが出ていない人でも、O脚が気になるという人も多いと思います。
そういう人は、なるべく早い段階で歪みをなおして、予防をしておくことをオススメします(^^)


< 住之江区にお住いのMさん (60代/女性) お悩みの症状:肩と首の痛み  |  一覧へ戻る  |  症例:右半身麻痺・歩行困難 >

このページのトップへ