大阪市阿倍野区の整体 TEASHIS西田辺 HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2017年4月

スタッフブログ 2017年4月

司馬遼太郎記念館

本日は午後をお休みさせてもらって、ずっと行きたかった司馬遼太郎記念館に行ってきました(^^)

kinennkann (4).JPG

司馬遼太郎記念館は東大阪市にあります。
3年前くらい前に1回行った事があるんですが、何回行っても楽しいものです。


kinennkann (1).JPG

司馬遼太郎先生の書斎を当時そのままの状態で保存してあります。

kinennkann6.JPGkinennkann (2).JPG

ものすごい量の本が壁いっぱいに!
ど迫力です(^^)


kinennkann (3).JPG

「竜馬がゆく」や「坂の上の雲」やいろんな作品の原稿や、参考資料やメモ書きなどが展示してあります。
ディスプレイにへばりついて見て回っていたら、2時間くらい経ってました(^^)

今年の大河ドラマの真田幸村関連の本もたくさん展示してありました。
大阪のおすすめスポットですので、歴史好きの方はぜひ行ってみて下さい‼

司馬遼太郎記念館 ホームページ

なでしこジャパン、阪口夢穂選手

女子サッカー、なでしこジャパンの阪口夢穂(みずほ)選手がテアシスを受けに来てくれました!

阪口 (1).JPG


阪口選手は
2011年ワールドカップでは中盤に欠かせない存在としてW杯制覇に貢献した選手です(^^)

なでしこリーグベストイレブン6回

2015年と2016年なでしこリーグ最優秀選手賞

2015年女子ワールドカップカナダ大会決勝トーナメント オランダ戦での強烈なミドルシュートは、大会のベストゴールの一つでしたね(^^)

日本女子サッカー界の宝のような選手を施術できるなんて光栄です☆彡

阪口 (2).jpg


施術後に姿勢が良くなったり、足が軽く動きやすくなったことを喜んでくれて、
「明日の練習が楽しみー!」
と言ってくれました(^^)

 

阪口選手、ますますのご活躍楽しみにしてます!


東住吉区にお住いのNさん (60代/女性) お悩みの症状:肩と首が痛くて、夜眠れない

nakaie.jpg

どのようなお悩みがあって来院されましたか?
首・肩・腰、特に鎖骨が痛く、あまりの痛さで夜中何回もベッドに座って寝る状態でした。
腰が痛くて洗い場にイスを持ってきて座って作業をしていました。

その症状はいつから発症していましたか?
腰は平成16年頃から痛くなりました。
首は平成24年頃(以前から首・肩が痛くなり、MRIとレントゲンの検査で判明。)から痛くなりました。

その症状は何と診断されましたか?
腰 すべり症
首 後縦靭帯骨化症
(左足 9年前 股関節人工関節置換術 済)

今までにどの様な治療を受けましたか?
 また、その治療を受けてどうでしたか?

腰は整形外科でマッサージ、首は指圧、牽引、肩はホットパックとマッサージ、でもいっこうによくなりませんでした。
直後はよくなったように思いますが、どんどん悪い状態になり、鎖骨も針でさしているような痛みもはじまってきました。

症状が発症したときの痛みを10段階で10とするならば、テアシスで治療を受けた現在はどれくらいですか?
現在は鎖骨もめったに痛くならなくなり、夜もぐっすり眠ることができるようになりました。
ただ、めまいと頭痛は時々起こる事と、起床時の手のこわばりはあります。
腰は1.首は3段階で、施術後特に調子が良くなり、通院する必要性を感じます。

発症当時できなかった動作、やりにくいと感じた動作はありますか?
・正座ができなかった
・ベッドで上向きや横向きに寝ることができませんでした。
・首を右と左に簡単に動かす事ができませんでした。

テアシスを受けて改善された動作はありますか?
・普通に寝る事ができるようになりました。
・腰がとても楽になり、つえを使うことがなくなりました。

プロドライバーを施術しに行ってきました!~ラリー編~

3月19日に京都府の京丹後市に出張施術に行ってきました!

施術を受けてくれたのはプロドライバーの福永修(ふくなが おさむ)選手です。

福永修.jpg

2015年全日本ラリー選手権総合ランキング5位のバリバリのトップ選手です!

体の歪みと車の運転て、関係ないように思いますよね?
ところが、施術をしてみると驚くような変化があるのです!

当たり前ですが、歪みをなおしたからといって、急にテクニックが進歩するわけではありません。

では、何が変わるのかというと、実際に施術を受けた福永選手いわく、「目の焦点がバチッと合って、集中力が上がる。それと同時に眼球の動きも良くなるので高速走行時でも素早くいろんな動作に対応できるようになる。」「体の軸が安定するので、アクセル・ブレーキ・ハンドリングもピタッと制御できて、思い通りのドライビングが出来る」という感想をいただきました。

まさにプロの感覚ですね(^^)


福永選手は、ジャパンラリーのトップ選手でありながら、自身の考案された「アクティブ・クラッチ」という、足の不自由な方でも運転できるように改良したミッション車を普及させる活動をされています。

ラリー (7).JPGラリー (8).JPG

ハンドル部分の操作でアクセルやブレーキを使えれば、足が不自由でも車の運転には関係なくなります。好きな車種にも乗ることが出来ます。
「健常者と障害者の壁を無くしたい。レースで互いに競い合って、同じ表彰台に立てるようにしたい。」という夢を語ってくれました。

熱い!熱い人です!

TEASHISでは、これからも福永選手を応援していきたいと思います。

ジャパンラリーのツアーはまだまだ続きますので、日程を合わせて見に行ってみたいと思います(^^)

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ