大阪市阿倍野区の整体 TEASHIS西田辺 HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2016年10月

スタッフブログ 2016年10月

護衛艦「いずも」に乗ってきました!

10月12日はお休みをいただいて、横須賀に行ってきました。

何をしに行ったのかというと、横須賀に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」に乗せてもらえるとの事で、大喜びで横須賀まで行ってきました(^^)


izumo (1).JPG

「いずも」は海上自衛隊最新鋭かつ最大の護衛艦で、今回ご縁があって、元海将(海上自衛隊で幕僚長に次ぐNO.2の役職)の高嶋博視さんに艦内を案内していただきました!

izumo9.jpg

高嶋元海将は東日本大震災の際、現場指揮を執られた方で、震災後わずか6分で、国の要請を待たずに「全可動艦艇は三陸沖に向かえ!」と指令を出されました。

国からの要請なしに護衛艦が動くことは異例なのですが、「責任は自分が取る」という覚悟の元、決断を下されました。

高嶋司令官の指揮のもと
現場に急行した自衛隊員1万6000人は海から896名を救助し、凍死者は0人。
425柱の遺体を収容。
高嶋海将の決断は高く評価されました。


izumo (4).JPG

いずもを近くで見た感想は「でかい!」です。
イメージとしては、あべのハルカスが横倒しになって海に浮かんでいる感じです(^^)

izumo10.JPG

子供のころ初代・出雲をプラモデルで作りました。
第一次世界大戦・第二次世界大戦を戦い抜いた歴戦の船です。
その出雲の二代目に乗れて感動です(^^)


izumo (5).JPG

操舵室にも入らせてもらいました!

izumo (6).JPG

医務室。
設備はかなり充実していて、全身麻酔下での手術も可能。


izumo (8).JPG

高嶋さんと写真を撮らせてもらいました。「いずも」をバックに。少し見にくいけど、南極観測の砕氷船「しらせ」も見れました。
高嶋さんは引退をされてはいますが、迫力があり、カッコいい方でした(^^)

今回は講演会や研修会ではなく、完全に私用でお休みをいただきましたが、とても良い経験が出来たと思います。
僕も一人でも多くの人を助けられるようにこれからも頑張っていきます!

アメリカでの活動報告③ 講演会in LA編

いよいよLAでのセミナーの日です!

会場はロサンゼルス台湾センター!

参加者の方々は在米の台湾人の方々です(^^)

taiwann.JPG

日本語が通じないので英語での講演会ですが、実はボクは1年間猛特訓を積んで英語がペラペラなのです!

taiwan (1).JPG

 

とは言え、細かいニュアンスなどを伝えられるほど英語がペラペラではないので、日本人の患者さんのようにはいきません。

施術の効果を伝えるためには「痛くなくなった」「楽になった」「動きやすくなった」など、効果をその場で実感させるしかありません!


taiwan (2).JPG
 

治療家の先生ならわかってもらえるかと思いますが、初めての患者さんにその場で実感してもらえるほどの効果を出すというのはとても難しい事なのです!


taiwan (3).JPG
 

その場で結果が出なくても「こういう変化が出ている」や「続けていったらよくなる」など、言葉を使って納得してもらう事も出来ます。

しかし、TEASHISの体感型セミナーはそのレベルではないのです!

言葉が通じない状況では実力が試されます。

言葉で丸め込むのではなく、効果で実感させる‼

TEASHISの本領発揮です(^^)

taiwan (5).JPG

 

セミナー終了後、参加者のみなさんにダルマの目を書き込んでもらいました。

左目を台湾の方が書いて

taiwan(9).JPG

右目を日本人の我々が書きます。
日本と台湾の友好の証のダルマをアメリカの台湾センターに寄贈してきました。


taiwan (8).JPG
 

日本と台湾は強い絆で結ばれています。

1999年の台湾大地震では日本の救助隊がいち早く現場に駆けつけ、昼夜を問わず救助活動をしていましたし、

東日本大震災の際に「兄弟が困っているのに、助けるのは当たり前だ」と200億円以上の巨額の義援金を日本に送ってくれています。


これからも同じアジアの兄弟として、国としても個人としても互いを尊重しあい、良い関係を築いていけたらいいなと思います(^^)

taiwann(11).jpg

次の海外講演会は台湾だ~(^^)


アメリカでの活動報告② LAリトル東京編

自由の女神に後ろ髪をひかれながらも、NYからLAへ移動しました。

 

ロサンゼルスといえば、真っ青な空が美しい、アメリカ西海岸の大都市です!

カラッとしたポカポカ陽気が気持ちよく、心も体も軽くなるような気候です(^^)

losangels (1).JPG

 

去年のTEASHISロサンゼルス講演会でお世話になった、マーク桑田さんと再会できました(^^)

ロサンゼルスの日本人街、リトル東京で桑田不動産を経営されている方で、50年もの間リトル東京の町とアメリカ在住の日本人を守り支えてきたジャパニーズサムライです。

とても親切な方で、日本からの移民が多いロサンゼルスで、右も左も分からないアメリカ初心者の手助けをされています。TEASHISも同じ日本人だというだけの理由でとても親切にしていただき、大変お世話になりました。
1年ぶりの再会を喜んでくれて嬉しかったです(^^)

losangels (2).JPG

 

今回は恩返しの意味も込めて、講演会の前にTEASHISのみんなでリトル東京をお掃除する事にしました!

マーク桑田さんは日頃から町の掃除を日課にされていて、それが町中に伝染してリトル東京はロサンゼルスの他の地域に比べてゴミが少なくとても清潔です。

いかにも日本人の町らしくて嬉しくなりますね(^^)


losangels (3).JPG

サムライスピリットの見せ所という事で、お掃除大国ニッポンの本場のお掃除の実力を披露してまいりました(^^)

losangels (4).JPG

 

掃除している大きなモニュメントは「Go for broke」といって、第二次世界大戦の際に日系人でつくられたアメリカ軍の日系人部隊の記念碑です。

アメリカのために戦い、亡くなられた日本人の方々の名前が刻まれています。

losangels (5).JPG

 

当時のアメリカ軍の中で最強といわれたテキサス大隊を絶体絶命の危機から救出するなど、多数の戦死者を出しながらも、数々の戦場で大活躍した日系人部隊をアメリカ人は今でも忘れないでいてくれます。

アメリカ人が日本人を信用してくれるのは、先人の命を懸けた行動のおかげだという事を教えていただきました。

マーク桑田さんは長年この「Go for broke」の保存に尽力され、昨年は日本の安倍首相もこの記念碑を訪れたそうです。

losangels (6).JPG

感謝の心を込めて磨きます。

losangels (7).JPG

 

桑田不動産の前から、リトル東京のメインストリートのゴミ拾い。

それにしても、この空の青さ。

スカイブルーとはまさにロサンゼルスの空の色です。

losangels (8).JPG

 

杉原千畝さんの像があります。

第二次大戦時にユダヤ難民を救った日本人で、今でもユダヤ人のヒーローです。

ユダヤ人が日本人に好意的なのは、杉原千畝さんの影響が大きいようです。

この方の日本に対する貢献度も計り知れないものがあります。

感謝。感謝。

losangels (12).JPG

 

最後にみんなで記念撮影(^^)

先人への感謝を込めた掃除をして、町もキレイになったし、気持ち良かったです!

次はいよいよTEASHISの体験型講演会です!


1

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ