大阪市阿倍野区の整体 TEASHIS西田辺 HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2015年11月

スタッフブログ 2015年11月

再会

ロサンゼルスで講演会をやった時にお会いした日本人でアメリカで司会者・タレントとして活動している神田龍夢(かんだ ろむ)さんが日本に一時帰国されたのでお会いしてきました。

romesan.JPG

左上が神田龍夢さんです。
アメリカでは大変な有名人なんです!
日本でも知ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。
アメリカのABCテレビ(日本でいうフジテレビみたいな)で司会者に抜擢された日本人です。

アメリカの生活や芸能界の話、そして龍夢さんの志のお話しを聞かせていただきました(^^)
龍夢さん、ありがとうございました。また会える日が待ち遠しいです。

hana.JPG

今週のお花です。
すごく良い香りがするお花で、院内が良い香りで満たされています。
香りだけでも嗅ぎにいらしてくださいませ(^^)

大阪とらふぐの会 佐一郎屋敷

今年3月に主催した講演会でお世話になった、大根田勝美さんとお食事をさせていただきました(^^)

医療の最先端で多くの命を救っている内視鏡などのメディカルデバイスを多数開発された方です。

fugu12.jpg

大阪とらふぐの会 佐一郎屋敷

fugu4.JPGfugu8.JPG

美味しいお料理を食べながら、いろんなお話を聞かせてもらい、質問に一つ一つ丁寧に答えていただきました。

fugu3.JPG

てっさに

fugu6.JPG

焼きフグに

fugu7.JPG

しゃぶしゃぶ
普段は質素倹約に努めていますので、たまの贅沢をお許しください(^^)

fugu1.JPG

大根田さん
すさまじい努力とアイデアで医療の世界で莫大な資産を築かれた方です。
リアルな成功者の言葉は、誇張も偽りもなく、すべてご自身の経験から出てくるもので、まっすぐに心に響きました。

特に心に残った言葉は、人間の魅力について。
「魅力のある人ってどんな人ですか?」
という質問に
「相手の望んでいるものを与えられる人だろうね」と答えてくれました。
誠実さ・謙虚さ・美しさ・優しさ・面白さ・包容力
魅力というといろんな事が思い浮かびますが、全部ひっくるめて「相手の望んでいるものを与える」ことだと思いました。
患者さんが僕に望んでいることは、間違いなく治すこと。痛みを無くすことです。
もっと患者さんの、そして世の中の役に立てる人間になるために精進していきます!

喘息が出やすい季節です

「姿勢が悪いと喘息になるの?」という質問を最近よくされます。

僕なりにお答えしますと、姿勢の悪い人がみんな喘息になるわけではありません。


ただ、喘息の人は姿勢の悪い人が多いです。


呼吸をするシステムは、肺とか気管支だけではなくて、肋骨や胸骨、鎖骨、肩甲骨など胸郭の骨や筋肉が連動して動きます。

体が歪んでいるとこのシステムが
100%の力で働けません。


歪みをなくして姿勢を良くすれば、かなり改善すると思います。

purin.JPG

写真は、Aさんからいただいたお土産「神戸プリン」です(^^)

見たことあったけど食べたこと無かったので嬉しかったです!
Aさん、いつもありがとうございます(^^)


肩の痛みでお困りだった阿倍野区のFさんから柿をいただきました(^^)

Fさんからご自宅の庭でとれた立派な柿をいただきました。

kaki.JPG

Fさんは肩が痛くて挙がらないとのことで先日来られた方です。

予約の日じゃないのにわざわざ柿を持ってきてくれて、帰るときに肩どうですか?と聞くと、

「もう全然痛くないよ~」と笑って答えてくれました。

おいしい柿とうれしい報告をありがとうございました(^^)

子供の成長と体の歪み


最近、お子さんを治療して欲しいといって来られる患者さんが多いです。


お子さんの姿勢の悪さを心配しているお父さん・お母さんが多いようですね。

下の画像は小学校2年生の男の子です。

ryoma1.JPG


ryoma3.JPG


ryoma5.JPG

お子さんの姿勢の悪さは、だらしない、やる気がないのではなく、「身体が歪んでいる」のかもしれません。


身体の歪みは放っておくと身体のシステムに異常を起こす可能性があります。

肩こりや腰痛だけでなく、喘息やアトピーのような内科疾患の原因にもなると考えられます。


これは大人だけではなく子供も同じです。
曲がった姿勢で背が伸びていくのか、まっすぐキレイな姿勢で伸びていくのかでは大きく違うと思います。


身体の歪みも早い段階なら早く治せます。

ryoma2.JPG

ryoma4.JPG

ryoma6.JPG

テアシスでは幼稚園や小学校などで体操を教える講演会を開催しております。


成長期の段階から身体が歪むのを防ぐ方法を身につけさせていけば、大人になっても健康で過ごせると考えています。

お子様の姿勢の悪さや集中力の無さ、喘息やアトピー、よく転ぶなど、気になる点がある方は当院までお問い合わせください。




阿倍野区・住吉区・東住吉区・天王寺区
腰痛・肩こり・膝痛でお悩みの方はご相談ください。
痛くない歪みなおし TTEASHIS(テアシス)西田辺

姪っ子が生まれました(^^)

兄の家に女の子が生まれました(^^)

天使!

soma1.jpeg

天使!!

soma2.jpeg

兄もTEASHISの一員ですので、妊娠→出産→産後のケアも完璧(^^)

妊娠中も体の歪みを整え続けて安産!
腰痛やおなかの張りもなし!
産後の回復もすごく早いです。

これは妊活の究極形態ではないでしょうか(^^)



阿倍野区・住吉区・東住吉区
腰痛・肩こり・膝痛でお悩みの方はご相談ください
痛くない歪みなおし  TEASHIS(テアシス)西田辺

テアシス会議

先週の土曜日と日曜日にテアシスの会議を奈良の専明寺(せんみょうじ)でおこないました。
tera6.JPG

この専明寺はモデルタレントのあこ姉さんこと加藤明子さんのご実家で、今回ご縁があって使わせていただきました。



tera7.JPG

会議の内容は、テアシスの技術をどう周知していこうか、という事です。

みなさんは「医療難民」という言葉をご存知でしょうか?
いま日本を含む先進国で起こっている問題です。

医療難民とは、深刻な体の不調を抱えていても、治療法が見つからない、もしくは、そもそも不調の原因が不明で、どんな治療を受ければいいのかすらわからない人のことです。
評判を聞いては各地の治療院に足を運び、それでもダメでまた次を探して転々としてまさに「難民」化していきます。

テアシスには、そういう人が最後の駆け込み寺のようにして来られます。
そして、何十年も苦しんだ悩みからなんともあっけなく解放される事があります。

「もっと早く来てたら、長くつらい思いをせずにすんだのに…」
そういう声を患者さんからもよく聞きます。
僕たちももっと知ってもらうための努力をしないといけないなと感じて、今回のテアシス会議になったわけです。

tera8.jpegtera1.jpeg

文字どうり、山にこもってあーでもない、こーでもないと議論します。
僕たちにとっての常識は、一般から見たら非常識だということがよくわかって、もっとわかりやすく伝えないと伝わらないことって多いと感じました。

tera3.JPG

休憩中。ぐったりしてます(^^)

tera5.JPGtera2.jpeg

お寺にこもってなんと12時間!
みんな頭から煙を吹きながらアイディアをひねり出してます。

自分の仕事とじっくり向き合うという作業は頭も体もとても疲れましたが、患者さんの気持ちになって考えられてとても良い機会になりました。
今後は患者さんの不安や苦しみにもっと寄り添えるようになっていくと思います。

会議で決まったアイディアは今後しっかりした形にして、患者さんにより良いものを提供できるようにしていきますので期待してお持ちください(^^)
せっかく良い技術があるんだから、もっと多くの人に喜んでもらって社会貢献していきたいと思います(^^)


1

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ